断髪式で380人がはさみ 元高見盛、最後の気合注入 by KyodoNews   5 год. назад

210,742 просмотров

377 Likes   11 Dislikes

Ссылка на видео. Код для вставки.

胸などをたたいて気合を入れる独特のしぐさや、懸命な土俵態度で"角界のロボコップ"と呼ばれ人気を博した大相撲の元小結高見盛の振分親方(37)=本名 加藤精彦 、青森県板柳町出身、東関部屋=の引退、年寄「振分」襲名披露大相撲が6日、東京・両国国技館に約1万人の観衆を集めて開かれた。断髪式で約380人がはさみを入れ、最後は入門時の師匠だった渡辺大五郎氏(元関脇高見山)が大銀杏を切り落とした。振分親方は土俵で「本当にありがとうございました」と叫ぶようにあいさつした。

記事詳細


загрузка...

Комментарии

Похожее видео

Новости